こぶたの手帖

会社員のこぶた(♀)が習慣化をやって人生を変える過程です。

YouTuberの過去動画を見て思ったこと

どうも、こぶたです。

 

私の趣味は、

手帳を書くこと

絵を描くこと

読書

 

そして

 

YouTube鑑賞

 

です!

 

特に好きでよく見ているのが

水溜りボンドさんの動画です。

 

f:id:rintokarento:20191109210142j:image

 

男性二人組のYouTuberで、

今やチャンネル登録者数400万人という、トップクリエイターの方たちです。

 

上げる動画はほぼ全て欠かさずチェックしています。

 

 

数いるYouTuberの中でなぜ、彼らを見てしまうのか。

それは、

努力の人たちだからだと思います。

 

コラボ動画で再確認

3組の人気YouTuberが集まって、

過去の自分たちの動画を見せて笑わせようという企画がありました。

 

そこで、水溜りボンドの二人は、

「熱湯vs冷えピタ」というネタをやっている動画をチョイス。

 

まだ、大学の一室を借りてやっているし、

画質も荒いし、二人も若いし、テロップ(動画に出てくる説明の文字)も少ない上に謎。

 

でも、今の彼らは、この動画の時代が無ければ、ありえないことなんだよな、と。

この時代を重ねているからこその今があるわけで。

毎日投稿しよう、と決めてから4年間

動画投稿を毎日欠かすことはないどころか、

サブチャンネルや別チャンネル(今は無いが)など二本立て、3本立てをやってのける彼ら。

 

動画編集を自分でやってみましたが、

結婚式の動画をちょろっと作るだけでも、

めちゃくちゃに時間がかかりました。

どの写真を使うのか、

BGMは何をどのタイミングで使うのか、

テロップの出るタイミングは、

速さは、

書体は、

フォントのカラーや装飾は、、、

いくら、編集担当のカンタくんが「動画編集が好き!」とは言っても、

好き、だけで4年もあのクオリティの動画を出し続けるって並大抵の努力では無いと思います。

 

演者も

監督も

演出も

編集も

プロデュースも

ぜーんぶ自分たち

っていうYouTubeをお仕事としている人たちって本当に凄いなと思います。

 

二人組YouTuberならではの、

葛藤や戦略について語っていたところも印象的でした。

 

ブログにせよ、YouTubeにせよ、InstagramTwitterにせよ、

分析して戦略を練ることって成長には欠かせないんですね。

 

ただ、二人の男の子たちが楽しく動画撮って、喋っているように見えて、

今はこういうサムネイル(動画のアイキャッチ画像のこと)が流行だから、

とか、こういう書体やデザインでいくと目を引く、とか、

前こんな企画をしてウケたから、続編をやろう、とか

女性ファン(男性ファン)が少ないから路線を探っていくとか、

様々な工夫と努力の末に得た400万人なんだと思います。

 

自分に帰る

さて、そんなことを考えながら、

自分に返ってみたとき、

私が続けられることって何かな、と考えるわけです。

 

日々忙殺されて、

無気力感と戦って、

家に帰っても何をするでもない自分とは、おさらばしたい。

 

本を読んだり、

動画を見たり、

人と会ったりする中で、

考えたことや思っていることをもっともっと発信していきたいと思います。

 

最近はイラスト関係の動画を見ることも多いのですが、

今日みた、さいとうなおきさんというイラストレーターさんの動画の中で、

 

「アウトプットのない練習はただの現実逃避。

 よく、目的意識なく読書をするんですが、あれって立派な現実逃避なんですよね。」

という言葉がありました。

耳が痛い!!!!

 

目的意識って何にでも必要だなと。

自分はその行動によって何を得ようとしているのかを

常に明確にしておく必要があると思いました。

 

このブログは、

その人生における目的を見つける過程だと思っていただければ。

迷っている人が自分のことを考えるきっかけになれればうれしいし、

自分も迷いを捨ててまっすぐに生きていけるようになれば、

ブログを立ち上げた意味もあるのかもなぁと思います。

 

YouTuberについては、

他にも紹介したい方がたくさんいるので、

また出していきたいです。

水溜りボンドさんについても、なんか今ひとつ紹介しきれていないので、

追記していくか、

別記事をちゃんと立てます。

 

 

 

おしまいっ