こぶたの手帖

会社員のこぶた(♀)が習慣化をやって人生を変える過程です。

夫婦旅行記録〜城崎温泉〜

どうも、こぶたです

こぶた夫婦は、

結婚して2年半、

出会ってからは10年、

お付き合いしてから6年になりますが、

新婚旅行どころか、

二人で泊まり旅行にいったことが、

ありませんでした。

 

そう、過去形です。

夫の誕生日に託けて、

城崎温泉へお泊まり旅行にいってきました!

f:id:rintokarento:20200705225912j:image

 

動機はYouTubeで見た動画

私は、YouTubeを見始めたごろから、

namiさんの動画が大好きです。

旦那さんとの仲良し旅行動画や、

息子さんとの日常動画、

メイク動画どれも何度も見ました。

 

中でも、ナミさんの誕生日に

旦那さんと二人で行っていた城崎温泉旅行の動画はお気に入りでした。

友達と何度か訪れたことのある城崎ですが、

「わたしもいつかこの旅館に泊まりたい!」

とずっと温めていた旅館がありました。

こちらの動画にでてくる、銀花さんです。

https://youtu.be/1FbXM0PuKic

 

夫の誕生日ですが…

緊急事態宣言が終わり、

少しずつ元の生活に戻り始めた頃、

ただの土日だけど今しかないぞ!と、

予約しました。

誕生日ではありますが、

何より私が楽しみにしていました。

 

過去に何度もトラベルサイトを見ていたのですが、

今回は自粛明けということもあり、

2人で6万ちょっとで泊まることができました。

ほくほくです。

 

お部屋は二階の和洋室、

基本の懐石にして夕食朝食つきに。

貸し切り風呂は、今の時期は予約制になっていました。

また、城崎温泉ではよく、外湯巡りのチケットが宿代に含まれていることがありますが、

銀花は付いていないので、外湯のどこかで購入が必要でした。

(1日券1300円/人)

 

いざ、温泉地へ!

このご時世ですので、

移動は全て自家用車。

点検を終えたばかりのヴィッツに頑張ってもらいました。

神戸からだと、大体2時間半ほどで着きました。

道中も、喧嘩することなく、

楽しく会話しながら向かえたことが

とても嬉しかったです。

 

銀花は着くと、

車のキーを渡して、

車を駐車場へ入れてもらう間に、

中へ通されます。

 

f:id:rintokarento:20200705225642j:image

広い庭。

石畳を通ってい左へ曲がると入り口です。

 

 

生憎曇天でしたが、

暑過ぎるよりいいのかな、と感じました。

従業員さんも皆さんマスク。

私たちもしっかりマスク着用で入館です。

 

これこれこれー!な室内

f:id:rintokarento:20200705225901j:image
f:id:rintokarento:20200705225904j:image

f:id:rintokarento:20200705230037j:image

リバービューのお部屋。

檜の内風呂。

低めのベッド。

備え付けのコーヒーセット。

それから、ロクシタンのアメニティもついてきました。

あとは浴衣を一着、好きなものを選べました。

 

記憶を手繰り寄せ、

ナミさんが選んでいたであろう、

黄色をゲット!

f:id:rintokarento:20200705230410p:image

おなじものを着ているはずが、

コレジャナイ感が否めませんが、

私は満足です。

 

部屋に一度ついてから、

貸し切り風呂の予約を電話で取りました。

晩ご飯を19時にしていたので21時に。

(40分無料で使えます)

 

外湯巡り

3時ごろに着いたので、

4時過ぎに温泉街へ送ってもらい、

 

さとの湯の足湯

一の湯

柳湯

 

に入りました。

どこも、一つ700円かかるので、

二つ以上回るなら、一日券を買うのが良いと思います。

 

どこも、ウイルス対策で、

マスク着用で入館。

アルコールが至る所に設置されていました。

 

温泉街を歩くときにも、

マスクを着用していない人の方が少なかったです。

我々もしっかりマスク。

昔行った旅館もちゃーんと運営されてて、

目に見えて減ったお店もなくほっとしました。

 

お腹が空いていたので、

7時の夕食までには消化されるだろう、と、

濡れおかきを食べました。

 

一の湯

さとの湯の足湯につかりながら、

7つの温泉一覧を見て入ってみたい温泉を探しました。

とりあえず、家内安全かな…と

一の湯に決定。

歩いて向かいました。

旅館で借りた下駄ですが、

26.5センチの私の足もちゃんと入りました。

f:id:rintokarento:20200705231105j:image

海外の方も時々お見受けしましたし、

学生カップルや家族旅行の方など、

大勢のお客さんでいっぱいの温泉街でした。

 

一の湯は、洞窟風呂がある大きな温泉でした。

岩のところへタオルを置いて、

15分ほど浸かりました。

中の温泉よりは、

外の洞窟の方がぬるく、入りやすかったです。

 

人は多かったですが、

脱ぎ着をするときに誰かとぶつかるとか、

ぎゅうぎゅうということもなく、

過ごしやすい温泉でした。

 

二階には休憩スペースもあります。

我々夫婦は、

一つ目でだいぶ満足、かつ、

体力を持っていかれたので、

しばらくぼーっと休憩しました。

 

柳湯

直ぐ近くにあったのと、

子授け安産祈願であった、柳湯に行くことにしました。

柳湯は小さくこじんまりとした湯船がひとつだけある温泉です。

湯船はかなり深く、浴室いっぱいに木のいい匂いがしました。

ちょうど人の少ない時間帯だったので、

私ともう1人だけ、でした。

 

が、

ここのお湯がかーなり熱く、

一瞬でギブアップしました。

もう一つどこかへ入りたかったのですが、

柳湯で全て持っていかれました。

 

よたよたと2人で駅の方へ戻り、

バスに迎えにきてもらい、

18:30には旅館へ戻りました。

 

幸せ晩ご飯

f:id:rintokarento:20200705232013j:image

前菜

f:id:rintokarento:20200705232202j:image

お造りとスズキの抹茶なんとか

f:id:rintokarento:20200705232146j:image

ナスの餡掛け
f:id:rintokarento:20200705232205j:image

アワビ塩焼き(夫)
f:id:rintokarento:20200705232150j:image

アワビバター焼き(私)

天ぷらも選べました。
f:id:rintokarento:20200705232157j:image

鉄板焼き
f:id:rintokarento:20200705232153j:image

梅しゃぶ
f:id:rintokarento:20200705232142j:image

炊き込みご飯と赤出汁、香の物

 

写真忘れてますが、

デザートにプリンとスイカ、チェリーが

ありました。

 

私の中では

梅しゃぶが一番!おいしかったです。

あの自家製梅ポン酢、家でも食べたい…。

ハモ、やっぱり大好きです。

 

部屋食ではありませんが、

個室でゆっくりといただきました。

19時という、一番遅めの時間だったので、

周りも静かでした。

幸せなひと時でした。

ただ、プリンまでたどり着く頃にはお腹いっぱい。

もう若くないな、と話しながら完食しました。

 

貸し切り風呂

ご飯が終わったのが20:30。

部屋に戻って準備をしたら、

すぐに貸し切り風呂へ行きました。

貸し切り風呂は二つあるのですが、

私たちは左のまーるいお風呂の方でした。

とっても綺麗な脱衣所で、

中に入ると床には何やら光るライト。

壁にあるスイッチを押すと電気が消えて、

プラネタリウム?をつけられました。

 

外湯巡りの最中は顔や髪は洗っていなかったので、

ここでしっかり上から下まで洗いました。

部屋には、お風呂セット用の手提げかごも用意されていたので、

外湯巡りのときもこのカゴを持っていけばよかったです。

 

40分間しっかり堪能し、

部屋へ帰り、

疲れ切っていたので、

すぐに寝ました。

 

二つベッドがあるのに、何故か2人で一つで寝ていたので、

夜中1時に目が覚めてしまいました。

汗をものすごくかいていて、暑いなぁと思っていると、

まさかの、夫が暖房25度にしていたという…!!

そりゃあ暑いし、目が覚めてよかった、と思いました。

 

朝ごはんの前に

翌朝は7時に目が覚め、

こそこそと、大浴場へ1人で向かいました。

割と空いていて、私ともう2人だけでした。

外を見ながら露天風呂で15分ほどぼーっとした後、

部屋に帰りました。

夫はまだ寝ていたので、

部屋の檜風呂にお湯をはり、

部屋でももう一度お風呂につかりました。

 

なんだかんだ、この部屋のお風呂が一番よかったように思います。

温泉ではないですが、

広い檜風呂で、

朝食後に夫ともう一度入りました。

 

そうそう、この旅館、

お風呂あがりにヤクルトが置いてあるので、

風呂上がりの一杯を楽しめます。

久しぶりに飲んだなぁー!

 

朝食はこんな感じ。

f:id:rintokarento:20200705233808j:image

土鍋のお味噌汁(大きなエビ入り)と

焼き魚、

そばご飯(白米も可能)

デザート

が他につきました。

朝ごはんを食べ慣れていない我々には

十分過ぎる量でした。

味噌汁おかわりできなかったのが

無念です。

 

旅を終えて

この後、城崎マリンワールドへ行くという手もありましたが、

今回はまったりすることがめあてだったので、

11時のチェックアウトで帰路に着きました。

チェックアウトの時間までの間に、

もう一風呂、

それから豆から挽いたコーヒーを頂きました。

 

今回の旅は、

初めての2人旅だったのですが、

終始夫が

「連れてきてくれてありがとう」

「こういう旅行もいいね」

と言ってくれていたので、

本当に計画してよかったなぁと思いました。

行きも帰りもずっと運転してもらいましたが、

道中のお喋りも楽しくて、

この人と結婚してよかったなぁと改めて思い、

それをちゃんと伝えられる二日間になったように思います。

 

新型コロナウイルスの感染者もまたじわじわと増えてきており、

不安の多い日々の最中でしたが、

思い切って予約して、行ってみてよかったです。

旅行が趣味ではないですが、

また行きたいなという思いをもって終われてよかったです。

 

 

ここまで読んでくださった方、

いらっしゃったらありがとうございました!

銀花さん、おすすめです!

 

おしまいっ