こぶたの手帖

会社員のこぶた(♀)が習慣化をやって人生を変える過程です。

バレットジャーナル、デイリーログの書き方について

どうも、こぶたです

朝、わりと早起きしたのに、

休日だからと何もしないまま一日が終わっていくタイプのこぶたです。

 

今日は、

兼ねてより自分のやり方を見つけたいと思っていた、

デイリーログの書き方についての記事です。

 

合わなくなってきたデイリーログ

以前、

インスタグラムのwaka_bujoさんの方法を使って、

「これだーーーーー」という記事を書きました。

 

それは、

ページを半分に区切って、

タスク、メモ、を書いた上で、

寝る前など1日の終わりに振り返るというもの。

 

これも、なかなかに良かったので続けていました。

 

 

しかし、

ここ数日のこぶたはというと、

 

 

手帳開ける気すら起きないレベルの

やる気のなさ

 

 

でした。

 

Wakaさんのやり方は、いいんです。

とても良かったんです。

 

でも、8月後半から現在にかけてのわたしの手帳は、

やる気も特にないのに、

朝一に書いたデイリーログには、

 

本当にやりたいこと、やらなきゃならんことなんか?

 

というようなTODOが並ぶようになりました。

 

 

手帳を開けてもときめかない。

テンションぜんっぜん上がらない。

 

そんな数週間でした。

 

こぶた流 デイリーログとは?!

そんな、やる気ミジンコなこぶたの活路となったデイリーログは、

至って簡単なものでした。

 

▼本日投稿した、インスタグラムの記事です。

https://www.instagram.com/p/CEyxtJgpnfB/

 

書いた部分を拡大するとこんな感じ。

f:id:rintokarento:20200906204447j:image

かなりギュギュッと書き込んでいて、

こぶた的には開くだけで、テンションが上がる仕様になっています。

 

まず、

このデイリーログページで、明らかにしたかったのは、

自分の自堕落ぶり。

 

こぶたは、

  • 大体何時にやる気がないのか
  • 何をきっかけにやる気、エネルギーが漲ってくるのか
  • 最近よく寝てるけど、いつ寝てるのか
  • インスタグラムやYouTubeを徘徊する癖がついているけど、いったいどのくらい時間を割いているのか

 

これらを可視化すると同時に、

インスタグラムやYouTube、Twitterを徘徊し、

夫とくだらないお喋りをする中で、

日夜考えていることを、

逐一残しておきたい!

そんな自分の記録を見返しやすくしておきたい!

 

という思いから、

このページは生まれています。

 

こぶたデイリーログの書き方

 

  1. ページの左側にペンで線を引く
  2. 大体一行開けながら、時間軸を書いていく
  3. 真ん中より右側に、今日やり遂げたいTODOを書いていく
  4. 常に手帳を開いておいて、寝たら書き込む。
  5. 同じくみた動画ややったことを書き込む。
  6. 思いついたことは箇条書きにしてTODOの下に書き連ねていく。
  7. 1日の終わりに、よくがんばったな。というところは暖色(今日はピンク)で線を引く。
  8. 同じく、今日の自分に良い影響を与えた、と思う所にはハートマークを書く。
  9. 睡眠(昼寝)したところは寒色(今日は黄緑)で囲む。

 

こんな感じです。

今日は、一日中家にいたので、

ピンクのペンや黄緑のペンを使えましたが、

それができない時には、

時間軸の横に引いている線を、

太くしたり、斜線をつけたりして、対応します。

 


前のウィークリーバーチカルとの違い

さて、このバーチカル(時間軸を書くタイプ)の手帳術、

半年ほど前までは、

ウィークリーページでやっていました。

 

  • 睡眠時間
  • 自己投資時間
  • 交際時間
  • 仕事時間
  • 浪費時間

を、色ペンで分けて、横に絵日記を描いていました。

 

「あの時のやり方に戻っただけでは?」

と思う方もおられるかもしれません。

 

しかし!声を大にして言いたい!

 

あの時とは目的がぜんっぜん違う!と。

 

ウィークリーページをバーチカルにすると、

週の中での睡眠時間の変遷が可視化できたり、

友達との交際時間にどのくらい時間を割いているかを

週単位で比べることができます。

 

何より、あの時描いていたバーチカルページは、

惰性で色分けをしていて、途中からメインは絵日記でした。

 

ぎゅうぎゅうに書かれた手帳が好きなことから、

後から見直してテンションは上がるものの、

絵日記は見ても、

自分の時間の使い方について、見直すことはほぼありませんでした。

5色使って色分けしていたにもかかわらず!!!

 

今回は、

絵日記はウィークリーページに思う存分。

デイリーログは、

毎日書いて毎日見直すからこそ、意味があるものになっています。

 

1日の終わりに、

自分が気になっている時間の使い方だけ

を見直すことができるところもメリットです。

 

 

長々と書きましたが、

この書き方、

今日一日使っただけなので、

毎日やるとは限りません。

 

インスタグラムにも、

休日のデイリーログ、と書きました。

 

平日の疲労感の中で、これだけのものが書けるとは

現時点では、思えません。

 

でも、

疲労感、と言いつつも、

平日、アフターファイブの過ごし方については、

思うところがありまくりなので、

この方法を使って、

自分の生活を振り返っていきたいと思っています。

 

週単位だと、毎日時間軸が固定されていましたが、

デイリーログだと、

毎日自分で時間軸を設定して書けるので、

明日からの手帳がちょこっと楽しみになりました。

 

 

わたしと同じ、デイリーログジプシーの皆さん!(います?)

試しに、やってみて感想など教えて頂けるとうれしいです!!!!

 

やる気溢れる毎日の手助けになりますように〜!!!!

 

 

(って言いながら、

明日から1週間、全く音沙汰なければ、

このやり方あってなかったって察してください)

 

おしまいっ